仕事が辛くてしんどいなら、辞めてもいい

スポンサーリンク
仕事の悩み

こんばんは、tomoです。

このブログにたどり着いたという事は、

●仕事を頑張って頑張って必死に働いてるのに生活が楽にならない
●上司に認められたり、成果が出せるように一生懸命頑張っている
●ほんとは仕事を辞めたい…でも辞められるような状況じゃない
●休みたいけど休んでる場合じゃない

↑こんな状況でしょうか?

ずっと頑張ってきたんですね。
そして、あなたは人からも
信頼をおかれる真面目な方
なのではないでしょうか?

人から信頼されるような働き方が
できるのはとても素敵ですが、
そろそろ限界になってきては
いないですか?

もし無理をしてこのままの
状況が続いてしまうと
うつ病にもなりやすく
なってしまうので、

これから私がお伝えする
考え方を読んで、
ぜひこの機会に働き方を
見直してみてください。

頑張る=やりたくない

あなたは“頑張る”って
良い事だと思いますか?

私たちは小さい頃から
「頑張ってえらいね」
と褒めてもらったり、

逆に遊んでばかりいると
「もっと真面目に頑張れ」と
叱られるような場面が多いので、

「頑張る=良い事」のように
捉える方が多いと思います。

でも、頑張るって実は、
「自分がやりたくない方向に
力を注いでいる」という
意味が強いと思います。

たとえば、ゲームが好きな
小学生がいたとして、
毎日4時間ゲームしてやっと
ラスボスを倒せたとします。

あなたならその小学生を見て
「ゲーム頑張ってるな~」
と思いますか?

頑張ってるというより、
「夢中」という言葉の方が
しっくりくるのではない
でしょうか?

自分が大好きで夢中でやれる事
って時間が経つのを忘れるくらい
ずっとやっていられるし、
それに対して頑張ってるって
感覚もあまりないと思います。

と言うのも、「頑張る」
という言葉の意味には
“忍耐”が含まれてます。

なので、もしあなたが今
「ものすごく頑張っている」
という感覚があるのだとしたら、

それは、好きでもないし
やりたくない事を
一生懸命耐えてやっている

という状況かもしれません。

そして、やりたくない事を
我慢して続けていると、
脳にストレスがかかり続ける
ので、

脳がこれ以上あなたに
無理をさせないように
SOSとして脳の働きに
”ブレーキ”をかけます。

それがうつの症状でもある、

・何に対しても無気力
・集中できない
・ぼーっとして会話が入ってこない
・判断力が鈍くなる

というような状態なんですね。

そして、たとえ上に書いた
ような症状は出ていなくても、

・慢性的な肩こり
・体の痛み
・片頭痛、緊張性頭痛
・耳鳴り、めまい
・じんましん、アトピー

こんな感じの体の症状など、
あらゆる手段を使って
脳はあなたに気付いてもらおうと
SOSのサインを出してくる
場合も多くあるんです。

だから、
これ以上体が壊れる前に
仕事を休みましょう。

もう限界なら
仕事辞めちゃいましょう。

こんな話をすると
「生活のためには仕事を
しないといけない」

思うかもしれません。

以前は私も思ってました。

「仕事を辞めたら生活が
できなくなる…!」
という心配や不安があるから
休めないし辞められない。

ですが、調べてみると
日本には最低限の生活を
保障してくれる給付金や
家賃補助などの制度もあるので、

もう限界なら次の仕事が決まって
なかったとしても、とりあえず
一度休むという選択もできます。

実際に私は3度の転職を
経験してますが、すべて
次の職場を決めずに辞めました。

さらに仕事を辞めた後、
数ヶ月kらい何もしていない
時期もありました。

それでも生きていけますし、
仕事は見つかっているので
大丈夫です。

それでもまだ不安で休めない、
仕事を辞める決断ができない
と思っているなら、

これからご紹介するワークを
一緒にやってみてくださいね。

自分の本音がわかるイメージワーク

あなたの大切な人、
大好きな人を1人イメージ
してみてください。

その人が、仕事でかなり
しんどそうにしていて
見ていられないくらい
疲れ切っています。

あなたはその姿を見て、
なんと声をかけますか?

イメージできましたか?

あなたがかけたその言葉…
そのまま、
あなたに言ってあげてください。

そして、大切なあの人に
かける言葉と、普段自分に
かけている言葉に違いが
あったのだとしたら

もっと自分の気持ちを
大切にしてあげてくださいね。

今日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました