“ダメな自分”から解放される魔法のワーク

スポンサーリンク
生きづらさ解消

こんばんは、tomoです。

以前、親子関係を癒すためのワーク↓

こちらをご紹介しましたが、
こころの仕組みを勉強していくと、
人間関係やお金の悩みが
親子関係に繋がっているんだと
とても強く感じます。

たとえば、いつも親に
心配されて育った子どもは
「私は親からこんなに心配
されるなんて、きっと
何も出来ない子なんだ」

無意識のうちに自分自身の
思い込み(セルフイメージ)
出来上がり、

自信のない子ども(自己肯定感の
低い子ども)になりやすかったり
します。

そして、人はその
思い込み(セルフイメージ)を
元に行動をしていくので、

「自分は出来る」
という思い込みがある人は、
仕事でも人間関係でも
自然とうまくいきますし、

「自分はダメなやつ」
という思い込みがあれば、
それが無意識に言動や行動を
左右して、

うまくいかない現実を選択
していくことになります。

ですので、親から受ける言葉や
態度は子どもの人生に
絶大な影響があるという事です。

私は何年もの長い間
この事を知らずにいたので
目の前の現実をどうにかしようと
苦労してきました。

なので、もしあなたが今

・なぜか仕事を変えてもいつも上司のパワハラされてしまう
・なぜかいつも自分だけ人から責められやすい
・自分はいつも人からバカにされていると感じる
・どんなに頑張っても成果が出なくてダメな自分に嫌気がする

このような人間関係の悩みや
お金の悩みを繰り返して
いるのだとしたら、

実は、目の前のその問題は
無意識のうちに親から
受け取ってしまった
必要のない思い込みだったり、

低いセルフイメージによって
起きていたという事に気付いて、

自分の中にある両親との
わだかまりを癒す事を
オススメします。

という事で今日は、
親へのわだかまりや
許せない感情を癒すワークを
シェアしていきますね。

これは私が過去に
実際にやったワークでもあり、

本気でやってみると、
かなり感情が揺さぶられて
涙が止まらなくなると思います。

そして、ワークをした後は
徐々にですが、過去の
出来事の捉え方や、身の回りの
現実が変わるので本当に不思議です。

今までジタバタして
頑張って頑張って、
現実を変えようとしてたのは
無駄な抵抗だったんだな~
と今では思います(笑)

ですのでぜひ、
一人で落ち着ける場所で
このワークをしてみてくださいね。

両親との和解ワーク

 あなたが、あなた自身の親に
なったつもりで、父親・母親の
視点から子ども(自分)宛てて
手紙を書いてください。

書く内容としては、
1.どんな気持ちであなたの誕生を迎え、どんな気持ちで育ててきたのか?
2.どんな子になってほしいと思い、どんな育て方をしてきたのか?
3.子育てをしていく中でどんな痛みや苦しみを経験したのか? 

この3つを参考に、親としての
想いを書き綴ってみてくださいね。

そしてこれ、
「実際に両親がどう言いそうか」
ではなく、

あくまでも
「自分が親の立場になって書く」
というのがコツです☆

あなたも実際にやってみると
分かると思いますが、今の
あなたからの視点では
気付くことのなかった

両親の想いや感情に触れる事が
できると思います。

そして、親からの視点で
物事を見れるようになると、
過去の出来事に対する感情にも
変化が出てきます。
(変化は徐々にですが…)

私は、このワークで今まで
自分がどれだけ偏った
ものの見方をしてきて

そして自分が常に被害者意識で
過ごしてきたのか気付かされました。

被害者意識が強い人は、
自分が損をしていると
考えてしまいがちですが、

被害者意識の強い人は
「傷つけられた!」という
意識でいるので、

その結果、「あいつが悪い!」
相手を攻撃しやすくなり

今度は自分が
加害者
になってしまいます。

そして、

・上司が悪い
・あんな態度をするあの人が悪い
・自分を責めるあいつが悪い

と、いつまでも自分だけの
視点で相手に問題を見つけて
しまうのです。

でも実は、自分の物事の
捉え方に偏りがあったんだと
気付くことで、自分の周りに
被害者(悩み)も加害者(問題)も
作らない
現実にシフトする事が
できます。

どんなに酷い過去も、捉え方が
変われば記憶も変わるんです。

ぜひあなたもこのワークで
体験してみてくださいね。

今日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました