失敗したらどうしよう..不安体質を解消するコツ

スポンサーリンク
不安解消

こんにちは、tomoです。

以前の私は不安が尽きなくて、
1日の半分以上は「これでいいかな」とか
「こうなったらどうしよう」とか
心配していて、恐ろしいくらい
不安体質でした。(これでは疲れます)

あなたも同じように
不安体質で悩んでいますか?

もし、今まさに
「不安で不安でたまらない」
という状況なら、まずはこの記事へ↓

当時の私は、
「不安ってなんでこんなに
キリなく出てくるんだろう」
ってずっと思ってましたが、
ある時ふと、こう思ったんです。

「失敗したらどうしよう」とか、
「お金なくなりそうで不安」とか、
「怒られたらどうしよう」とか、

悪い事はたくさん妄想するのに
「成功したらどうしよう」とか
「お金増えたらどうしよう」とか、
「褒められたらどうしよう」とか、

良い事は全然妄想してないな、って(笑)

そして、こころの仕組みを少しずつ
知っていく中で、私自身が
「偏ったものの見方をしている」
という事に気付いてきたんです。

こんな感じですね↓

自分では気が付いてないけど、ネガティブな未来にしか焦点を当ててない

それでも、

「いやいや、そんな事ない!
本当に起こるかもしれないから
不安なんです」
と、
思ったとしたら…

一度思い出してみてください。

・これまでにあなたが想像した不安の中で、的中した数っていくつありますか?
・1年前の今ごろに不安に思っていた事を思い出せますか?
・結局取り越し苦労で終わる事も多くないですか?

不安が100発100中当たる人
なんていません。

そして、これまで不安に
思っていた事は、ほとんど
「不安に思ってただけ」
終わってる事が多いと思います。

と、ここまで読んでも
「いや、そんな事ない!
また上司に怒られた!」

「不安が当たって
彼氏に振られちゃった!」

「悪い事が起きたよ!」
と思いますか?

そんな時は一度冷静に考えて
みてほしいのですが、
人生の中で一度も

「上司に怒られた経験がない人」
「失恋した事がない人」
「悪い事が起きなかった人」

って出会った事ありますか?

何が言いたいかと言うと、
「あなたが不安に思っていても
いなくても、ほとんどの人が
嫌な事・辛い事を経験する」

という事です。

なので、先回りして考えて
不安になってもならなくても

みんな同じように経験するんです。

だったら、
少しでも不安に思う時間は
少ない方がいいと私は思います。

もし、私の話を聞いて
あなたも不安に思う時間を
少しでも減らしたいと思われたら、

ぜひこれから紹介する
ワークをやってみてください。

不安体質を解消するワーク

このワークは静かに落ち着ける場所で行ってください。

  1. 目を閉じて深呼吸を3回します
  2. 今感じている不安な気持ちを
    心の中で思い浮かべ、
    体のどの部分でその不安を
    感じるのか
    、その不安を
    色や形で表すとしたら
    どんな感じか
    イメージします
  3. イメージした色や形を見つめて、
    「ああ、こんな風に体の中に
    不安の塊があるんだな。」
    と、
    心の中で何度もつぶやきながら
    その体の感覚を感じきります
  4. 少しずつ不安な気持ちが小さく
    なってきたら、さらに1~3を
    繰り返します
  5. 不安な気持ちを感じなくなるまで
    すべての工程を繰り返します。

ワークはいかがでしたか?

不安な感情は
「不安になっちゃダメだ、
他のことを考えよう」
などと、

否定して受け入れずにいると、
消化できずにどんどんと
大きくなってしまいます。

なので、ただただ
「今、不安なんだね」
自分の感情を受け入れて
感じきる事が大切
です。

感じきると、自然と
感情は消化されていくんです。

そしてこのワーク、
初めは慣れないかもしれない
ですが、何度かやっていくうちに

自分の感情を受け入れて
ほっとする感覚や、
自分を大事にしている感覚
じんわりと出てくると思います。

ぜひ、続けてワークを
行ってみてくださいね。

今日の話があなたのお役に
立っていれば幸いです。
今日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました