人にどう思われるか気になる時は、この考え方をしよう

スポンサーリンク
人間関係の悩み

こんばんは、tomoです。

今日は、人間関係の悩みを解消する
思考のコツをお話します。

以前の私は、

・人にどう思われるかいつも気にする
・相手に嫌われたり、怒られるのが怖い
・いろんな人に受け入れられるよう八方美人
・言いたい事が言えずいつも我慢
・いつも人間関係の悩みが尽きない

と、こんな感じで悩んでいました。
あなたはどうですか?

もし、あなたも同じような
経験があるとしたら、
当時の私みたいにこの“思考”が
なかったせいかもしれません。

その“思考”とは、

「相手のテリトリーと
自分のテリトリーを明確にする」

という思考です。

相手と自分のテリトリーって?

どういう事かと言うと、
相手が自分のした行動に対して
どう思うか、どんな反応をするかは
相手のテリトリー(相手の自由)で、

相手が嫌な反応をして自分に
何か言ってきたとしても、
言われた事に反論するのか、
落ち込むのかは

自分のテリトリー(自分の自由)
だという事です。

たとえば、

親に「ゲームばっかりしないで
勉強しなさい!」と言われた時、
その要求や要望をあなたに言うのは
親のテリトリー(自由)です。

そして、
自分が「口出ししないで」とか
「言うことを聞かない」など、

親の要求や要望に従うのか
反抗するのかは
自分のテリトリー(自由)です。

さらに、それに対して親が
「親に反抗するなんて許さない!」
とか、「あなたが心配なのに悲しい」
など、

自分の言動に対して反論したり、
逆に悲しんだりするのも
親のテリトリー(自由)です。

こんな感じ↓

上の図みたいに、あなたは
親のテリトリーに踏み込まない
(=親の反応を気にしない)でいい

という事です。

相手を犬に置き換えると
ちょっとは分かりやすいかも↓

犬(相手)があなたに吠える(怒る)とき、
それはあなたのせい(問題)ではなく
犬が警戒心(相手が自分の感情)を表現してるだけです。

少し分かりましたか?
これが腑に落ちると、

・もう相手の顔色を伺わなくていいし、
・相手に何と言われようと自分の意見は言っていいし、
・相手がどんな反応をしようと悩まなくていいし、
・人目を気にしないで自分らしくいていい

という感覚になり、
人間関係の悩みから
こころが解放されていきます。

相手とのやり取りには
テリトリーがあるという事を
理解してもらえたでしょうか?

もしまだピンと来ていなかったら、
「相手と自分のテリトリーを
明確にするワーク」

一緒にしてみてください。

相手と自分のテリトリーを明確にするワーク

  1. あなたが人間関係で嫌な思いを
    した出来事
    を書き出します
  2. その出来事を
    「自分と相手のテリトリー」
    それぞれに分けて詳しく
    書き出してみてください
  3. 相手のテリトリーの中で
    起きた事(=相手の反応や言葉)を
    自分の責任(問題)と切り離して、
    相手がどんな反応をしようが
    自分を責めないでいいと、
    自分にOKを出す

テリトリーを分けられましたか?

このワークで今までどれだけ自分が
相手のテリトリー(感情や反応)に
踏み込んで悩んでいたかに
気付けると不要な悩みが
なくなっていくので、

とても楽に過ごせるように
なって、目の前から嫌な人や
怖い人も不思議といなくなります。
(自分が気にしなくなるんです)

初めのうちは自分と相手の
テリトリーが分からないと
思うかもしれませんが、

普段の会話から
「これは相手の感情だから
相手のテリトリーかな?」

客観的に考えるクセを
付けるといいかもしれません。

その他ご質問などがあれば
お気軽にLINEやコメントなどで
お知らせくださいね。

今日の話が何かのお役に
立っていれば幸いです。
今日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました