人から怒られるのが怖いあなたへ

スポンサーリンク
人間関係の悩み

こんにちは、tomoです。

突然ですが、あなたは通りすがりの
わんこにすごい勢いで吠えられた
経験はありますか?

こんな風に↓

一生懸命吠えてますね~かわいい

急にこんな話をしたのも、
親や上司に怒られてる時
というのもまさに、

これと同じ状態だからです。

どういう事かと言うと、
わんこがあなたに一生懸命
吠えるのは、すごくシンプルな
理由で、「怖い」からです。

知らない人に警戒して
怯えてるから、です。

それって人にも言える事で、
よく怒る人って、実は
恐怖や不安を感じている
という場合が多くあります。

(別の原因として悲しみを
怒りとして表現している
場合もありますが..)

いつも怒る父親、母親、
すごい勢いで怒る上司、
いつも怒っている友人、
急に起こってくる知らない人、

など、相手があなたに
怒っている時は、実は
あなたが原因ではなくて
怒っているその人の
こころの中に原因があります。

たとえば、
「失敗したらどうするの!」
という人には、

「私は失敗するのが怖い」
という本音が隠れています。

「そんな事したら危ない!」
という人には、
「そんな危険な事は
怖いからやめて」
という
本音が隠れています。

「そんなみっともない事するな」
という人には、
「そんな事して人から
どう思われるかが怖い」
という
本音が隠れていたりします。

これは、あなたが失敗をして
怒られたとしても同じです。

なぜなら、人の失敗に対して
怒る人もいれば、怒らない人も
いるからです。そしてその違いは
「相手が失敗をどう捉えてるか」
で決まります。

相手が「失敗はしてはいけない」
「失敗が怖い」捉えていれば、
失敗した人を責めたくなるし、

逆に「失敗はたくさんしていい」
と捉えていれば、相手の失敗に
対しても寛容になれます。

感情的に怒る相手の中には、不安や恐怖が隠れてるのです

こんな感じで、
“自分が怖くて仕方がない事”
他人がしているのを見ると、

自分が怖い思いをしたくないので
目の前で自分にとって怖い事
しているあなたを止めさせたくて、
たまらず怒ってしまうという事
なんです。

(特に親は子どもが心配なので
子どもに怒る事が多いと思います)

だから、もしも相手から感情的に
怒られた時は、自分にも相手にも
否定をする事なく、ただただ、

「相手は今怖がってるのかも」
客観的に捉えるようになると、
相手の感情を怖がらずに
冷静に対応できるようになります。

それでも実際に怒られてる時は
そんな冷静になれなかったり
しますよね…

そんな風に相手の感情に
のまれそうになった時は、
もう一度、あの時のわんこを
思い出してください↓

必死なわんこ…やっぱりかわいい

そして、
「あー今この人は、このわんこ
みたいに怖がってるのかも」

思い出してみてください。

(ちょっとだけ可愛く思えて
きたりしますよ)

つまり、結局は
「相手の感情は相手のもの」
という事なんです。

相手がどんな感情をあなたに
ぶつけたとしても、
それは相手の自由だし、

あなたがそれに対して
反省するのか反論するのか、
全く反応しないのか、も
あなたの自由なんです。

なので、相手に振り回されず
自分らしく堂々としていて
くださいね。

相手の感情については
こちらの記事でも詳しく
話してます↓

ぜひ参考にしてみてください☆

今日の話はいかがでしたか?
何かあなたのお役に立てて
いれば幸いです。

今日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました