自分の気持ちが分からなくなったら、こうやって決める

スポンサーリンク
生きづらさ解消

こんにちは、tomoです。

今日は、私がふと思ったままを
お話してみようかなと思います。

今これを読んでくれている
あなたは、普段どんな基準で
物事を選んでますか?

今までの私は、何かを選ぶ時は

正しいか、正しくないか、
だったり、
効率がよいか、よくないか、
だったり、
損するか、しないか、
だったり、

そんな風に頭でたくさん考えて
慎重に物事を選んできました。
石橋をたたいて〜という感じで。

常に物事を天秤にかけて選んでいる感じ

と言っても、その慎重さが
良かった事もたくさん
ありました。

人から信頼される事も
多かったし、失敗の少ない
安全な人生でした。

スポンサーリンク

頭で考えていたら“自分”を見失った

でも、いつも考えて考えて
慎重な生き方を続けて
いるうちに、いつのまにか

自分の好きなこと

が分からなくなっていました。

そして、気付いた時には、

正しいけど…苦しい、
効率は良いけど…楽しくない、
損はしないけど…嬉しくない、

と、次第にしんどくなって。

だから、小さい頃の
全力で楽しむ感覚とか、
ワクワクする気持ちとか
そんなのもう全然なくなって
いました。

でもやらなきゃいけない事は
どんどん増えていって…

当時は「それが大人になるって
事なんだから、当たり前」
とも思ってました。
(自分の気持ちがよく
分からなくなってたんです)

そして、とうとう
しんどすぎて何もかも
分からなくなって、
うつになって、仕事もやめて。

しんどいけど、早く次の仕事
見つけなきゃと思ってました。

でも、頑張って
応募書類も作ったのに
書類審査が通っては辞退して、
という日々を送ってました。

なんでわざわざそんな事を
してたのかと言うと、
“本当は入りたい会社なんて
なかった”
からです。

(いくら自己分析して
自分に合った業界とか
希望条件の会社が見つかっても
実際に入ってみたら全然違った、
という経験もしてきたので…)

だから、お金の不安もあったし
すごく怖かったけど
しばらく休んでみたんです。
(だらだらと数ヶ月くらい)

自分の感覚を優先したら、本音が見えた

仕事を休み始めた頃は、
「少し休んだらまた仕事
見つけなきゃ」
とか、
「生活だけはちゃんとしないと」
と、思っていました。

2ヶ月休んだのに全然
気持ちが晴れなくて、
そこでようやく

体は休んでいても、
心は全然休めてなかった
という事に気付きました。

そして、

「あぁ、本当は自分がこんなに
苦しんでたのに、無理やり
仕事探そうとしてたんだな」

とも気付けました。
(もう限界だったみたいです)

当時の私はこんな感じです↓

犬(=本音)は「嫌だ、やりたくない」って言ってるのに
自分(=常識に縛られた自分)が無理やり引っ張っている

この本音に気付いてからは
少しずつですが、

もう正しくなくてもいいし、
効率が悪くてもいいし、
何の役に立たなくてもいいし、
損してもいいし、
人から何を言われてもいいから、

「自分の心地よさを優先しよう」

と、思うようになりました。
そして自分の嫌なことや
やりたくないことを全部
ノートに書き出して、

・値段が高くても自分が本当に欲しい方を選んであげたり、
・気が乗らない誘いを断ってみたり、
・辛いときは無理に明るくするのをやめてみたり、
・仕事を頑張って探すのをやめてみたり、

少しずつ、色々な嫌だった事を
手放していきました。
(とても勇気がいりましたが…)

そうして気付いたのは、

「あ、やらなくても大丈夫だったんだ」

という事です。

ほんとはやらなくても大丈夫だった

犬「えっ何するの…注射?怖い!」
医者「はい、終わりですよ~」
犬「…えっ?あっ終わり?」
↑こんな感じで、意外とやってみたら怖くなかった

やらなきゃだめ、やってはだめ、
と恐れてたのは実は自分
だけで、意外と誰も困る事も
ないし、生活もなんとかなって、

ダメな自分頑張れない自分
さらけ出すと、不思議と
助けてくれる人も現れました。

と言っても、まだまだ悩む事も
あるし、本当にこれをして
大丈夫かな、と思う事もあります。

だけど、昔よりは断然自分が
大切で可愛い存在だと思うように
なれて、こころもすごく解放的に
なっています。

なので、これからも
「心地よいか、心地よくないか」
選んでいこうと思います。

あなたももし、
どっちを選んだらいいのか
分からなくなった時は、

頭で考えるのを全部やめて、
「心地よいか、心地よくないか」
を、体の感覚で感じてみてください。

(私の場合は、呼吸が深くなるとか、
ほっとするとか、穏やかな感覚
する方で選んでます)

そして、その感覚に気付けたら、
勇気をもって

「自分の心地よさを優先する」

という選び方をしてみてください。
きっと何か良い気付きが
あるかもしれません。

だいぶ独り言のようになって
しまいましたが、今日の話は
いかがでしたでしょうか?

何かあなたのお役に立って
いれば幸いです。
今日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました