【実践編】「忙しい」が口癖だった時に私がやった事

スポンサーリンク
その他

こんにちは、tomoです。

もし、
「1日の時間が足りない」
「何か始めたいけど時間がない」
「いつも忙しいと感じている」

と思っていたら、これを
見直してみてほしいと思います。

私はこれをして
どれだけ自分が無駄な時間を
過ごしていたのか気付けました。

スポンサーリンク

「忙しい」をやめる為にした4つの事

1.テレビを見ない

私は小さい頃からずっと
テレビっ子でした。

休みの日になんとなく
テレビを付けていたり

一人暮らしで寂しいからと
家に帰るとすぐにテレビを
付ける
のが毎日のルーティンに
なっていました。

でも、
毎日仕事から帰って来て、
ご飯を食べながらテレビを
見始めると、あっという間に
寝る時間になってました。

なので、ある時から
テレビを付ける時間を
少しずつ減らしていきました。

お気に入りの番組も
オンタイムで見ずに録画で
見ています。

そうすると、次の番組も
だらだらと見てしまう、
という事がなくなります。
(でも、録画も今ではもう
見なくなりました)

2.ニュース番組を見ない

さっきと似ていますが、
ニュースは、テレビや動画では
見ないようにしています。
(見るとしたらネットニュース)

なぜかと言うと、
テレビはスポンサーによって
成り立っているからです。

なので、スポンサーにとって
不利になる情報は流せません。
それに、あまりニュースが
ないからと言って

「今日はそんなに重大な
ニュースはないので
今日はこれで終わりです」と、
番組を早く切り上げる事も
出来ません。

だから、スポンサーの
広告(CM)を視聴者に見て
もらうために、

世界中から悲惨な事故や
事件を集めて世間の
不安を煽り、視聴率を
キープしないといけないのです。

(人は、命の危険に少しでも
関わる情報には自然と
意識を向けてしまう、という
脳の仕組みがあります。)

なので、私はニュース番組を
ここ何年も見ていません。

もしかして、あなたも
芸能人の不祥事や、
世界のどこかで起きた
悲惨なニュースをいくつも
見続けていませんか?

3.SNSを見ない

私自身TwitterやInstagramを
使って発信をしていますが、
見ている側としては

「見る時間を決める」
「不快になる情報は見ない」
という事を決めています。

SNSではAIが導入されて
自分が興味のある情報や、
世界的に話題になっている
ニュースが拡散されるように
なっています。

でも、その中には
自慢したいだけの投稿や、
不安を煽られる事件

目を引く恐怖映像
など、

見た後に不快感を覚える
コンテンツが流れてくる事も
あります。

少しの時間、楽しむための
コンテンツを見るなら
いいですが、

いいね欲しさの過激な投稿に
時間を奪われて嫌な気分に
浸ってしまうなら、
見ない習慣をつけた方が
良いと思います。

4.付き合う人を絞る

私は、今は友だちが
あまりいませんが、
友だちが多かった時期も
あります。

その当時の私は、
・誘われたから会う
・暇だから会う

という理由で遊ぶ事が
多かったです。

でも、それをしていると
・愚痴を話し合っていたり
・自慢を聞かされたり
・ただ暇つぶしをしたり

せっかく友だちと会っても
すごく疲れる事が多かったです。
時間を無駄に使っていました。

なので、そういう人と
会うのはもうやめました。
(心地よい人とだけ会います)

この記事でも少し話しましたが、
人間関係の断捨離も
ものすごく大事だと感じます↓

以前私がやっていた事で
思いついた方法をお話し
しましたが、取り入れてみようと
思えるものはありましたか?

時間がない時は、
自分にとって大事なこと
より時間を使えるよう
“意識的に時間を作る”ことが
大切だと思っています。

今日の話が何かお役に
立っていれば幸いです。
今日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました