燃え尽き症候群になる人はこれをやめよう

スポンサーリンク
仕事の悩み

こんにちは、tomoです。

あなたは“燃え尽き症候群”
経験した事ありますか?

「努力してればいつか
報われる」と思って、

みんなが休んでいる中
自分は一生懸命頑張って

自分を犠牲にしながら
目の前の相手や仕事の
ために全力を尽くして

嫌な事も文句を言わずに
我慢して

そうやって、
頑張って
頑張って
頑張って…。

それなのに…
全然評価してもらえなくて
うまくいかなくて、
努力が報われないと感じて、

最終的にはやる気も情熱も
全部なくなって、一気に
燃え尽きてしまう…。

そんな経験をした事は
ないでしょうか?

私

私も燃え尽き症候群
経験しました

そんな時って、もうどうしたら
いいのかわからなくて、

会社のせい
相手のせい
環境のせい

と、責めたくなるかも
しれません。

「どうしてこんなに
頑張ってきたのに報われ
ないんだろう」

絶望したかもしれません。

でも、そんな経験を
人生の中で何度か
繰り返しているとしたら、

それは、あなた自身の
心と向き合ってみる
必要があります。

私

私もその原因を知った時は
ハっとしました…

スポンサーリンク

頑張りすぎは親との関係にあった?

なぜ、あなたが
燃え尽きてしまうほど
自分を犠牲にして頑張って
しまうのかと言うと、

幼少期の親との関係で、
偏った人間関係の築き方
学んでしまったからです。

たとえば、小さい頃
あなたのお母さんが

「あなたのためにお母さんは
こんなに苦労してるのよ」
とか、

「あなたのせいでお母さん
すごく大変よ」
などと、

お母さんがいつも疲れて
いたり、不機嫌だったり
すると、

「自分のせいでお母さんは
不機嫌なんだ」
と思い込む
ようになり、

だんだんと、自分の本音
わがままを抑えて、
お母さんの顔色を伺いながら
生きるようになります

そして、そんな親子関係を
続けているうちに、
あなたの無意識の中に

「ありのままの自分ではダメ」

という思いが刷り込まれて
いくのです。

私

親にも本音を出せなく
なっていくんですよね..

すると、
社会に出てからの人間関係でも
自分よりも相手を優先する
ようになり、

常に相手に何か(=頑張り)を
差し出していないと
自分には価値がないという
思いを感じるようになって
しまうのです。

(だから頑張るのを
やめられない…)

つまり、
現在の人間関係
=お母さんとの関係

なんですよね。

でも、そんな風に
自己犠牲をして相手に
尽くしていると、

相手からは感謝されるどころか
逆に雑に扱われる
ように
なります。

こんなに尽くしてきたのに、
自分のこと雑に扱っていい
わけないですよね?

でも、なぜか
そうなってしまう…

なぜだか分かりますか?

それは、相手から見ると、
自分を犠牲にしているあなたが

「自分を安売りしている
ように見えるから」
なんです。

実は、相手から見ると

「私の事なんてどうでも
いいんです」

「私は後回しでいいんです」

「私にはそんな価値ないんです」

と、あなた自身が言っている
ように見えてしまいます。

あんなに頑張って尽くして
いたのに、相手には
全然伝わっていなかった
なんて….(衝撃)

だから、もう
自分を安売り
するのはやめましょう。

自分の気持ちを優先して
もっと自分を大事に
してあげてください。

…と、急に言われても
どうしたらいいのか
分からないと思うので、、

私

この続きは次の記事
お話ししています!

安売りしてしまう自分を
やめるためのワーク

こっちの記事でご紹介
しましたので、よかったら
読んでみてください↓

今日も読んでくれて
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました