うつが長引く時は「心の振り子」を思い出そう

スポンサーリンク
不安解消

こんばんは、tomoです。

ちょっと前に、
「うつ=心を守るための
セーフモードだよ」

というお話しをしました↓

あなたがもし、現在うつで
悩んでいるとしたら、

「うつ状態が良くなったと
思ったのに、また急に
頭が回らなくなった」

「また気分が落ちこむ
ようになった」

「仕事に復帰したとたん、
うつが再発した」

「いつになったら
うつが治るんだろう…」

と、こんな風に
うつが思うように回復しなくて
焦ってしまっては
いないでしょうか?

うつ状態が長引いてしまうと
長い間生きづらさを抱えて
しまう事になるので、

うつから中々抜け出せずに
焦ってしまう時に、
あなたに思い出して
ほしい事をお話しします。

これを知っておくと、
うつとの上手な付き合い方が
分かるので、その焦りや
生きづらさもより早く
解消していく事ができます。

その“思い出してほしい事”
というのが、

「心の振り子」

です。

私
tomo

どういう事か、さっそく説明していきます~!

ここでまず、“振り子
イメージしてみてください。

心が安定している時は、
この振り子がほとんど
動いていない状態です↓

でも、うつの時は振り子が
揺れている時のように
気分の良い状態うつ状態
行ったり来たりします。

こんな感じです↓

私
tomo

それは、今までが
“振り子が一方に偏る生き方になっていた”
という事です。

そして、その行ったり来たりを
何度も繰り返しているうちに、
だんだんと振り幅が狭まって
中心(=安定)に戻っていきます↓

中心に戻るにつれて、メンタルも安定してくる

でも、うつを長引かせて
生きづらくなってしまう方の
多くは、振り子が
気分の良い方にふれた時に、

「早く元の生活に戻そう」
頑張ってしまいます↓

すると、振り子は引っ張られた
反動で、また振り幅が大きく
なってしまいます↓

反動で振り幅が大きくなって、一向に揺れは収まらない…

頑張っているつもりはなくても、「また今日も何もしなかった」、「こんな生活が続いたらどうなるんだろう」、「何やってんだろう自分…」などと、思考を使い過ぎるのも一緒(=頑張りすぎ)です。

こうしていると、いつまでも
振り子の揺れが収まらずに
長い間生きづらさを抱えて
しまうんです。

なので、気分が良くなったと
感じている時は、
元の生活に戻そうとしないで

「今は振り子が気分の良い方に
ふれてるだけ」

という事を思い出して、
50点~70点くらいの力で
生活をしてみてください。

私
tomo

やらないといけない事を
サボって、休んだり遊んだり
してみるのもおすすめです☆

そうして“頑張る生き方”
ゆるめていくうちに、
少しずつ感情や体調も
安定してくると思います。

そもそも、うつになって
しまうのは、

「その生き方だと振り子が
傾いてしまうよ~」
という
サインなので、

“元の生活に戻る”のではなく
“頑張りすぎない生き方に変える”

という事を忘れないでくださいね。

 

私
tomo

こんなに休んでいいの?というくらい

自分優先にして休んでみてください

今日の話が、あなたの
生きづらさ解消のヒントに
なっていれば幸いです。

今日も読んでいただいて
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました