【保存版】生きづらい時に役立つ相談機関を徹底比較

スポンサーリンク
不安解消

こんにちは、tomoです。

tomo
tomo

私は、初めてうつやパニック症状を

経験した当時、怖くて病院には

行けませんでした。。

あなたは病院やカウンセリングを
利用したことはありますか?

今でも医療機関にはかかった事が
ない私ですが、その理由は

  • どこに行けばいいのかよく分からない
  • 精神科に通院してた知人が
    長年うつ病で苦しんでいた
  • 何を相談していいか分からない
  • なんか怖い…

と、色々知らない事だらけ
だったからです。

なのですが、最近
私が投稿している
TikTokの動画コメントに、

誰に相談すればいいかわからない

悩みがあってもどうしたらいいか
わからない…

しんどくても友達とか家族には
相談できないし、
自分が我慢するしかない。

病院に行ったら、全然
話を聞いてもらえなかった。

というコメントがいくつか
届いてたので、この機会に

生きづらい時に相談できる機関

を、調べて比較してみました!

まずは、私が思い付いた
6 つの相談機関を
ざっくり下に並べてみます↓

スポンサーリンク

生きづらい時に役立つ相談機関 6選

精神科

精神的な症状が出ている場合
受診する医療機関です。

メインの治療方針は
投薬・生活指導・入院で、
話を聞いてもらうよりも
症状を聞いて薬を処方
したり、生活指導を受ける
かたちになります。

なので、カウンセリングの
ようなイメージで行くと
「全然共感してもらえなかった」
「冷たい感じがした」という
印象になりやすいかもしれません。

(神経科や精神神経科も、
呼び方が違うだけで一緒です)

メンタルクリニック

簡単に説明すると、入院用ベッドが
・20床以上=精神科病院
・19床以下=メンタルクリニック

なのだそうです。
(精神科診療所も呼び方が
違うだけで一緒です)

精神科もメンタルクリニックも
在籍してるのは精神科医なので、
診察方法や治療方針はほぼ
変わらないですが、

メンタルクリニックには
入院施設がない所もある
ので、入院が必要なほどの
症状があった場合には
転院しないといけない事も
あります。

心療内科

ストレス(心因性)で身体症状が
現れている場合
に受診する
医療機関です。簡単に言うと、
内科要素が強いのが特徴です。

ストレスによる身体症状の
自覚がある場合だけでなく、
ストレスの自覚がないのに
原因不明の身体症状が続く
という場合も、診療内科に
相談するのがおすすめです。

カウンセリング

現在~過去にあった出来事や
感情
に寄り添いながら、
考えを整理したり、
生きづらくしている
物事の捉え方
を解消する
ためのものです。

じっくりと話をしながら
カウンセラーとの
信頼関係を築いていきます。

対処療法ではないので
今すでに生活に支障が出る
ほどの症状がある場合は
精神科や心療内科での
受診がおすすめです。

ヒーリング

エネルギーやオーラを扱って、
過去に抑え込んだ感情や、
自分の本音を解放しながら
自己治癒力を高めるものです。

日本ではまだ理解が少なく
“怪しいもの”と思われる方も
多いですが、

欧米だと代替医療としても
定着して、保険適用されて
いる国もあるそうです。

コーチング

コーチとの言葉のやりとりから、
なりたい目標や夢に向けて
あなたをサポート
するものです。

現在~未来を扱うものなので、
過去のトラウマや心の傷などの
問題解決には向いていません。

tomo
tomo

という事で、6つの機関を

ざっくりご紹介しました☆

次は、この6つの機関を

一覧で比較していきます~!

徹底比較!あなたに合う相談機関はどれ?

先ほどあげた6つの機関を
一覧で比較してみました☆

※画像がうまく見れない
場合はこちらをクリック

いかがだったでしょうか?
それぞれメリット・デメリットが
分かれば、自分に合った
相談機関が見つかるかも
しれません。

私も調べているうちに、

tomo
tomo

どこか体験しに
行ってみようかな…

という気持ちになってきました☆

病院やカウンセリングも、
サービスにかなりの差がある
みたいなので、

もしも行ったときは体験レポ
として、また記事にして
みようかなと思います☆
(↑読んでみたいでしょうか?)

今日もお話を聞いてくれて
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました