自分を生きづらくさせる“固定観念”を発見しよう

スポンサーリンク
生きづらさ解消

こんばんは、tomoです。

あなたは“固定観念”という
言葉を知ってますか?

実はこの“固定観念”が
あればあるほど生きづらく
なっていくのですが、

実際には自分の固定観念と
向き合った事がある人は
少ないんじゃないかな~と
思います。

なぜかと言うと、固定観念は
自分では意識できないからです。

そこで今日は、
「自分を生きづらくさせる
固定観念ってそもそも何?」

というお話と、

「固定観念に気付くワーク」
をご紹介してみます。

ぜひお付き合いいただけたら
幸いです☆

スポンサーリンク

固定観念ってそもそもなに?

固定観念とは、簡単に言うと
自分の中で凝り固まっている
考え方や物事
です。

他の言葉だと、
・無意識のルール
・思い込み
・執着
・信念
・ビリーフ

・セルフイメージ
・マインドブロック
などと、言われることもあります。

なんで固定観念があると生きづらいの?

では、なんで固定観念が
あると生きづらくなるのかと
言うと、

固定観念が増えるほど
無意識に自分の行動や
本来の欲求を縛ってしまう

からです。

と言うのも、
私たちが生まれたての
赤ちゃんだった時は、
固定観念ゼロです。

自分が何者なのかも
分からないし、

おもちゃを食べちゃ
いけない事も知らないし、

友達のおもちゃを奪っちゃ
いけない事も知りません。

でも、そこからだんだんと
お父さん、お母さん、
親戚、先生、周りの大人、

など、たくさんの人から
学んでいくうちに

・おもちゃは食べちゃいけない
・友達は叩いちゃいけない
・お菓子は食べすぎちゃいけない

などの固定観念を
身につけていきます。

(誰かに教わらなくても
無意識に学んで身に付けた
ものもあります。)

なので、固定観念自体に
“良し悪し”はないですが、
自分にとってそれが
すでに不要な固定観念
だったりすると、

自分の欲求を縛りすぎて
生きづらくなってしまうんです。

そこで、不要な固定観念に
気付く面白いワークをして
みようと思います。

不要な固定観念を発見するワーク

ワークはかんたん!
次の文章をただ読み上げて
みてください☆

  • 友達がいなくてもいい
  • 仕事はサボってもいい
  • 責任をとらなくてもいい
  • お金がなくてもいい
  • 人前で泣いてもいい
  • 結婚しなくてもいい
  • 人に迷惑をかけてもいい
  • 頑張らなくてもいい
  • お母さんを不幸にしてもいい
  • ちゃんと生きなくてもいい
  • 調子に乗ってもいい
  • 人から嫌われてもいい
  • 相手を傷つけてもいい

(※この文章は、その考えを
推奨するものではないので

ご安心ください)

いかがでしたか?

もしも、読み上げてみて

・言うとドキッとする
・なんか引っかかる
・言うのに抵抗がある
・「それはダメ」という心の声が出る

このような考え出てきたら
自分の固定観念が隠れて
いるというサイン
です。

【例】
「仕事はサボってもいい」
という文章を読むと
なんかモヤモヤする。。

自分の中に
「仕事を休んではいけない」
というような固定観念がある

なので、
もし固定観念に気付いた時は、
こんな風にあなた自身に
質問をしてみてください。

  • その考えはどこから来たんだろう
  • それをやめたら(やってしまうと)
    どうなるんだろう
  • どうしてそうしなくちゃ
    いけないと思ったんだろう
tomo
tomo

これまでの固定観念を疑い始めると、

自分を縛っていたものが少しずつ

ゆるんでいくのでオススメです☆

今日の話はいかがでしたでしょうか?
何かの気付きになっていれば幸いです。

今日もお付き合いいただき
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました